• このエントリーをはてなブックマークに追加
Room42  

2015.5.8

流行とリアルをバランス良くミックスした

バブル最盛期の若者たちの暮らし

美術監督 相馬直樹

inilove_42_01.jpg
1980年代後半を舞台に描かれるラブストーリー『イニシエーション・ラブ』。映像化不可能と言われた乾くるみの原作に挑むのは、『20世紀少年』『TRIC』の堤幸彦監督。原作と異なる衝撃のエンディングも見どころの本作で、過ぎ去った時代を再び現代に再生させたのは、美術監督の相馬直樹さん。“映像的ギミック”を用いた本作で、どのように当時の暮らしを作りあげたのだろうか?

思い出の中にあるいくつもの部屋を再現

舞台は1980年代後半の静岡。バブル最盛期の恋する男女の物語を描くのにもっとも苦労したのは、画に映るすべてをその時代のものにすることだった。同じ時期に青春を過ごしたという美術監督の相馬直樹さんは、自身の思い出を振り返りながら本作の美術プランを考えていった。 「今はもう古いものばかり。イメージを描いた後に、あまりにも手に入らないと困ってしまうので、装飾部のスタッフと相談しながら考えていきました。僕は結構無茶な要望もしたのですが、わがままをよく聞いてくれました」
静岡にある設定の主人公・鈴木の部屋は、6畳ほどの和室がある1DKのアパート。室内は、地べたに布団が敷かれ、本棚には趣味の小説が並ぶ。黒電話、ブラウン管のテレビや扇風機、さらにVHSテープなど懐かしいものが揃う。 「なるべく分かりやすいアイテムを揃えていきました。恋愛経験のない彼は、マユと出会って変わっていくので、まずはいたって普通の男性の部屋にすることを心がけました」
愛しのマユと離れ、東京へ転勤になった鈴木は社員寮に入ることに。上京してからというもの、段々あか抜けてオシャレな男性になっていく。

東京の社員寮は、内観外観ともに千葉にある取り壊す予定の旅館を借りて撮影。「いろいろ手を加えることが出来て助かりました。外には竹の塀で囲ってある露天風呂があって、そこはさすがに寮に見えないので、大きなブロック塀をつくって隠しました」。

inilove_42_05.jpg

電話は黒電話からプッシュホンへ。「劇中では留守番電話つ
きのものに変わっていきます。寮では、堤幸彦監督の要望
で、あまり見たことの無いカード式のものに。実物は手に入
らなかったので、形が似ているものを持ってきて、手を加
えて作りました」。

「そんな彼の変化に合わせて、引っ越してきたばかりの何もない状態から、段階をつけて部屋のセット替えをしていきました。照明を、当時流行ったフラミンゴのライトに途中で変えたりして。この部屋は、昔遊びにいったお金持ちの息子の部屋を思い出しながらつくりました(笑)」
遠距離恋愛になってしまったものの、鈴木は週末になると甲斐甲斐しくマユの部屋へやってくる。

静岡のマユの部屋。「当時はなんだかわからない“キャラクターもの”が結構あったんです(笑)」。エリマキトカゲも流行したもののひとつで、クッションのモチーフに。

inilove_42_09.jpg

白をベースに、ラジカセやテーブルなどで赤を効かせた。
家具も高価なものではなく、ホームセンターなどで手に
入る安価なものを時代に従って選んでいった。

「ここは昔友達と遊びに行った女の子の部屋の記憶を辿りながら(照)。白いカーペットやガラス天板のローテーブル、低いソファーでカップルが並んで座れるような“ラブチェア”とか、流行も押さえて揃えました。鈴木がやってくるようになってからは、赤と青の色違いのものを少し足して。ペアルックが流行っていたので、そういうテイストも入れました」

床から一段上がった、ゴザを敷いた座敷のある懐かしの海の家。昔風のシャワー室も完備し、細かい部分まで再現。「ここは、東京に来て初めて友達に誘われていった、三浦海岸の海の家をイメージしています(笑)」。

inilove_42_12.jpg

劇中で印象的なシーンとして登場するホテルの前のクリスマ
スツリー。LEDが主流の現代で、なかなか手に入らない当時
の白熱電球を集め、本物のもみの木に飾っていった。
「ここはこだわりました。かなりの量を使用するので大変で
したが(苦笑)。やっぱり画に映ったときに、明かりが違うん
ですよ」。

静岡の鈴木の部屋の間取り。大学生の一人暮らしとあって、1DKのいたってシンプルなつくり。室内のサッシなど細かい部分も時代に合っているかどうか検証されて選ばれた部屋。

映像カルチャーマガジン・ピクトアップ#94(2015年6月号 4月18日発売)
『イニシエーションラブ』の美術について、相馬さんのインタビューを掲載。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール

相馬直樹

souma naoki
64年北海道生まれ。アタッカンテ所属。映画、ドラマ、CM、MV、舞台など、さまざまな分野の美術監督として活躍中。近作に、『サンブンノイチ』『エイトレンジャー2』『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』『物置のピアノ』(すべて14)、公開待機作に、『脳内ポイズンベリー』(5/9公開)、『天空の蜂』(9/12公開)がある。
ムービー

『イニシエーション・ラブ』

監督/堤幸彦 原作:乾くるみ著『イニシエーション・ラブ』(原書房/文春文庫刊) 脚本/井上テテ 出演/松田翔太 前田敦子 木村文乃 ほか(15/日本/110min予定) 1980年代後半の静岡。就職活動中の大学生・鈴木は、友人に誘われた合コンでマユと運命的な出会いを果たす。恋愛経験のない彼は、彼女に釣り合うために自分磨きを始め、いよいよ人生初の“甘い時間”がやってくる。地元企業に就職した鈴木だったが、ある日東京への転勤を告げられ……。5/23〜全国東宝系にて公開 ©2015 乾くるみ/「イニシエーション・ラブ」製作委員会
『イニシエーション・ラブ』公式HP
http://www.ilovetakkun.com/
at home VOX(アットホームボックス) LINEで住まい探し さまぁ~ずとロボットのスペシャルサイト公開中! あなたが選ぶ今月のジャイアンツヒーロー! アットホーム F5WC 特設サイト 人気のテーマこだわり条件で新築マンションを探す リノベーション済みマンション専用サイト 拝啓つぶ神さま TALKIE 新築・分譲マンション その場所は未来とつながっている こだわり“部屋”FILE HOMETRIP マンションデベロッパーが販売する新築一戸建て特集
関連するお部屋
“男子部屋”
「静岡市内」でひとり暮らしにおすすめの日当たり良好・即入居可能物件を探す
MENU

NEXT

PREV