• このエントリーをはてなブックマークに追加
Room41  

2015.4.10

ガーリーをちょっと効かせた“大人カワイイ”雰囲気

恋に揺れるアラサー女子・いちこの部屋

美術監督 相馬直樹

noupoi_41_01.jpg
「失恋ショコラティエ」の水城せとな原作漫画を、佐藤祐市がメガホンを取り映画化した、新感覚ラブストーリー『脳内ポイズンベリー』。歳下男子と恋に落ちたアラサー女子・いちこ。頭の中では、ポジティブ、ネガティブ、衝動、記憶、理性と、擬人化された5つの“思考”が会議を繰り広げパニック寸前! 焦ったり、落ち込んだり、悩んだりを繰り返す女性の“暮らし”とその“脳内”を、美術監督の相馬直樹さんはどのように表現したのだろうか?

東横線沿線で生まれる“大人らしくない恋”

30代目前の恋に戸惑う、主人公・いちこ(真木よう子)の住まいは元住吉駅周辺にある。悩みのタネである、歳下男子・早乙女(古川雄輝)のマンションの最寄り駅は新丸子。劇中には中目黒駅でのシーンも登場する事から、最初に土地勘を知るため、美術監督の相馬さんは佐藤祐一監督と共に東横線沿線(渋谷〜横浜)付近をロケハンしてまわった。

もともと畳だったところを、廃材を利用してフローリングにしたという設定の床。壁も廃材を利用して色を塗り、その上からまた別の色を塗って、さらにこすることで最初の色をうっすらと出して、使用感のある感じに。

noupoi_41_05.jpg

中と外の映像のつながりを出すため、テレビの横の窓枠は
外観と同じような形に。小さな中庭もつくって植物を入れ、
奥行きを出している。

「いちこの部屋はセットで建てていますが、外観はロケです。和洋折衷の可愛らしい古い建物を想定していろいろ探しまわっている中で、制作部の方が港区でイメージに合う物件を見つけてくれました」。 ロケハンをしながらも制作を進めていたという室内のセットは、もとは日本家屋だったところをリノベーションした設定。ウッドベースの温かみのある空間だ。 「コンセプトは『日本が好きなドイツ人が住んでいた部屋』(笑)。監督にその設定は伝えてなかったのですが、美術部の中で分かりやすいように共有していたんです。間取りはかつて和室だったことが想像出来るように仕切った形に。押し入れだったであろう場所は、いちこの趣味や仕事の場所にしました」。
noupoi_41_07.jpg

noupoi_41_07.jpg

いちこの意中の人、美大生・早乙女の作品であるオブジェ。
「プロっぽくなりすぎないように。女性的な感じもある。
その狭間を狙うデザインにするのがなかなか難しくて、何回
もやりなおしました」。

日々の暮らしを営むそんな“現実”と同時に展開されるのが、いちこの頭の中で繰り広げられる“脳内会議”。脳内のセットは、扉を1枚ずつ隙間なく並べた、大きな壁に囲まれた不思議な空間で、まるで演劇の舞台のよう。 「脳内のセットは、心象的になるように白を基調にして、いちこの部屋は薄いグリーンをベースに色を足そうと考えていました。だけど、部屋のセットを先に造っちゃったものだから、脳内セットを組んでいるうちに、なんだか途中で味気なくなってきてしまって(笑)。いちこの脳内なんだから、色もリンクしていいか!と、扉にも色を塗っちゃいました(笑)。全体的に、〈色で遊んだ感覚〉です」。

壁に使用した扉の半分は既存の壁を塗り直したりして加工したもの。残りは一枚一枚いちからつくったという。「予算の関係でそうしましたが、実際扉と扉をつなぐときに、表面をデコボコさせたいとリクエストしたらそれが結構大変だったみたいで。意外とお金がかかっちゃいました(苦笑)」。

noupoi_41_13.jpg

脳内が暗くなるシーンでは、扉をグレートーンに塗り直し、
レースやチュールなどでつくられた黒い斜幕を天井からた
くさん垂らした。その布の中央部分に照明を仕込んで風で
ゆらす事で、何ともドラマチックな雰囲気を演出している。

noupoi_41_14.jpg

いちこは少し経済的に余裕がある事から、家の間取りはちょっと広めに。リビングは和室2間を繋げたつくり。キッチンの床だけ色を変えるなどのアレンジが効いている。

映像カルチャーマガジン・ピクトアップ#92(2015年6月号 4月18日発売)
『脳内ポイズンベリー』の美術について、相馬さんのインタビューを掲載。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール

相馬直樹

souma naoki
64年北海道生まれ。64年北海道生まれ。アタッカンテ所属。映画、ドラマ、CM、MV、舞台など、さまざまな分野の美術監督として活躍中。近作に、『サンブンノイチ』『エイトレンジャー2』『円卓 こっこ、一夏のイマジン』『物置のピアノ』(すべて14)、公開待機作に、『イニシエーション・ラブ』(5/23公開)、『天空の蜂』(9/12公開)がある。
ムービー

『脳内ポイズンベリー』

監督/佐藤祐市 原作/水城せとな「脳内ポイズンベリー」(集英社クイーンズコミックス刊/「Cocohana」 連載) 真木よう子 西島秀俊 古川雄輝 成河 吉田羊 桜田ひより 神木隆之介 浅野和之 配給/東宝 (121min/15/日本) 三十路を目前にしたいちこは、飲み会で出会い気になっていた歳下男子・早乙女に偶然再会。平静を装ってはいるものの、脳内はパニック状態! アプローチするか否か、擬人化された5つの思考が脳内会議を始める――! 5/9〜全国東宝系にて公開 ©水城せとな/集英社 ©2015フジテレビジョン 集英社 東宝
『脳内ポイズンベリー』公式HP
http://www.nou-poi.com/
at home VOX(アットホームボックス) LINEで住まい探し さまぁ~ずとロボットのスペシャルサイト公開中! あなたが選ぶ今月のジャイアンツヒーロー! アットホーム F5WC 特設サイト 人気のテーマこだわり条件で新築マンションを探す リノベーション済みマンション専用サイト 拝啓つぶ神さま TALKIE 新築・分譲マンション その場所は未来とつながっている こだわり“部屋”FILE HOMETRIP マンションデベロッパーが販売する新築一戸建て特集
関連するお部屋
“女子部屋”
新しい恋が始まるかもしれない!?「目黒区」で1LDK・リフォーム済物件を探す
MENU

NEXT

PREV