• このエントリーをはてなブックマークに追加
Room32  

2014.8.22

京都らしさをふんだんに取り入れた

花街「下八軒」に建つお茶屋さん

美術監督 磯田典宏

maiko_32_01.jpg
周防正行監督がおよそ20年も温めてきた、歌って踊るエンターテイメント大作『舞妓はレディ』。花街・下八軒を舞台に、舞妓を目指してお茶屋・万寿楽の門をたたいた女の子・春子の成長物語だ。広さ300平行メートルにもわたる敷地に建てられた花街の街並、細部にまでこだわったお茶屋、それらはすべてセットで建てられた。美術監督の磯田典宏さんはリアリティのある京風景をどのように表現したのか?

お茶屋「万寿楽」で夢を追う、舞妓見習いの部屋

お茶屋や料亭など、17軒のお店が並ぶ花街「下八軒」の街並は、埼玉県・川口市の「SKIPシティ」の広大な敷地にオープンセットで建てられた。その中に、主人公・春子(上白石萌音)が「舞妓になりたい!」とやってくる、老舗のお茶屋「万寿楽(ばんすらく)」はある。「監督やメインスタッフと実際にお茶屋さんを取材させていただき、装飾の松本良二さんともいろんな場所を見て、京都の雰囲気がどこまで出せるのか相談しながら膨らませていきました。最も苦労したのは建具で、京都は格子戸など建具の具材が細いのが特徴なので、既製品は一切使えない。全部いちから作らなければならなかったので、非常に大変でした。でも、そういった繊細な部分で、京都らしさが出てきますからね」
maiko_32_02.jpg

台本が出来上がる前に、シノプシス(あらすじ)をもとに磯田さんが描いたイメージ画。物語には四季があるため、春夏秋冬とすべての画を描き上げた。

maiko_32_03.jpg

長さ70m、深さ2m、幅7mの川も、実際オープンセットの中
に作られた。花街の石畳の道は、美術部がひとつひとつ作っ
た石を敷き詰めた、苦労の賜物だ。

内部は東宝スタジオに一階二階に分けてセットで建てられ、京都の特徴を活かした縦に細長い間取りで作られた。「リアルさを出したかったので、実際の町家の奥行きを再現しました。一階の左半分は水回りに、右半分は居住スペースになっていて、坪庭は明かりとりになる。トイレのある廊下を渡ったところには奥座敷があり、映画では着物の着付けなどのシーンで登場します。本来の京都の建物だと、窓を開けるとすっと風が通る構造。上手く出来ているんですよね」
maiko_32_06.jpg

坪庭に面した板張りの廊下。劇中で春子が一生懸命廊下の床ふきをする姿が印象的。

maiko_32_07.jpg

玄関での芝居を魅力的に撮るため、万寿楽の玄関の間口は、
本物のお茶屋よりも少し広く作られた。

maiko_32_08.jpg

お茶屋では、客に出す料理はすべて仕出し屋さんに頼むため、台所では酒を出すくらいだが、お茶屋に暮らす人の食事もここで作られる。「いろんなお茶屋さんを参考にさせていただきましたが、台所に一番生活感が見えるんです」。

春子と下八軒唯一の舞妓・百春(田畑智子)の部屋は、母屋から廊下を渡った先の離れという設定。ところが実際には母屋の二階の座敷を飾り変えて撮影されたというから驚きだ。 「ふたりは住み込みという設定なので、廊下は板張りではなくパンチカーペットを敷いて、窓外を一階の形状にし、塀を建てています。内部は実際舞妓見習いの方の部屋を取材させていただくことが難しかったので、ドキュメンタリー番組を観たり、いろんな資料を探ったりして見えてきたイメージを形にしました」
maiko_32_09.jpg

左が百春、右が春子の部屋。春子の部屋の方が、より見習いらしさが出る様、タンスなどを配置し少し窮屈な雰囲気を演出。部屋にカーテンを使用したことで、お茶屋の中でも、ここが生活スペースであることが感じられる。

maiko_32_12.jpg

一階は台所に茶の間、その奥の和室は先輩の芸妓さんたちのお茶飲み場に。玄関から二階の座敷へ上がる客用の導線では、階段脇の茶の間の扉が板の壁のように作られているので、まるで廊下を通っているように見える。また、玄関からそのまま台所へ抜ける入り口は、仕出しの料理などを入れるため。料理を二階へ持って上がるための階段も設置。

映像カルチャーマガジン・ピクトアップ#90(2014年10月号 8月18日発売)
『舞妓はレディ』の美術について、磯田さんのインタビューを掲載。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール

磯田典宏

isoda norihiro
52年長崎県生まれ。87年『オバケちゃん』で美術監督デビュー。大映東京撮影所を経てフリーに。『座頭市』『アウトレイジ』など、数々の北野武監督作品を初め、『NANA』『メゾン・ド・ヒミコ』『ソラニン』など、多くの映画美術を手がける。周防監督作品は『終の信託』に続き2作目。近作に『のぼうの城』、待機作に『想いのこし』(11/22公開予定)がある。
ムービー

『舞妓はレディ』

監督・脚本/周防正行 出演/上白石萌音 長谷川博己 富司純子 ほか 配給/東宝 (14/日本/135min) 舞妓がたったひとりしかいない、小さな花街下八軒に、「舞妓になりたい!」とやって来た春子(上白石)。へんてこな大学教授の計らいで、お茶屋の仕込みさんになった彼女は、京ことばに、しきたりに、稽古にと大奮闘する! 9/13~全国公開 ©2014 フジテレビジョン 東宝 関西テレビ放送 電通 京都新聞 KBS京都 アルタミラピクチャーズ
『舞妓はレディ』公式HP
http://www.maiko-lady.jp/
at home VOX(アットホームボックス) LINEで住まい探し さまぁ~ずとロボットのスペシャルサイト公開中! 2017年キャンペーンスタート!アットホームヒーロー.jp 人気のテーマこだわり条件で新築マンションを探す リノベーション済みマンション専用サイト 拝啓つぶ神さま TALKIE 新築・分譲マンション その場所は未来とつながっている こだわり“部屋”FILE HOMETRIP マンションデベロッパーが販売する新築一戸建て特集
関連するお部屋
“和風”
舞妓に会えるかもしれない?!京都上京区で広めの物件を探す
MENU

NEXT

PREV